HOME » 美容外科でできる目の下のたるみ手術法リスト » 脱脂法

脱脂法

目の下のたるみを一番確実に対処できる手術として挙がるのは、おそらく脱脂術かと思います。なぜこれが有効だと言われているのか。脱脂術に焦点を当てて詳しくご紹介していきます。

目の下のたるみには脱脂法がイチバン?

そもそも、目の下のたるみというのは、目の下のふくらみが原因だと考えられています。目の下に余分な脂肪が増えることで、たるんで見えてしまうのであれば、その脂肪を除去し、フラットにすることでたるみの要因を取り除いてしまおうというのが脱脂術です。

かつては、表面からメスを入れて脂肪を取り除くという方法をとっていたため、ほんの数ミリとは言え、傷が残ってしまったりダウンタイムが長く必要だったりと、マイナス面も大きかった手術です。

しかし、最近では、下まぶたの裏側にほんの小さな穴をあけるだけなので、非常に簡単で確実な方法となっています。しかも、一度手術を受けた人のほとんどが、その後、目の下のたるみに悩まされることはないと言います。そのため、確実で効果の高い方法だと言われているのです。

確実に効果を出せるもののデメリットも…

脱脂術のメリットとしては、効果をすぐに目で確認することができるうえ、一度手術を受けてしまえば、その効果は半永久的だと言われていることです。また、最近の手術法では、目の裏にほんの小さな穴をあけるだけですので、痛みも少なく、ダウンタイムも短くなります。周りにバレる可能性が低いうえに、確実に目の下のたるみに効果的です。

しかし、当然デメリットもあります。目の下が盛り上がっているだけで凹みのない人であればいいのですが、凹みのある人には向きません。また、本来目の下に余分な脂肪がどんどん増えているわけではなく、目の周りの膜や目を持ち上げているスジ、皮膚や眼輪筋が弱ったりゆるくなることで、目の下に盛り上がりができるのです。

脱脂術で脂肪を除去する際は、ほんの少し除去するだけでいいのです。しかし、古い考えの美容外科医などは脂肪が増えることを要因と考えている人もまだまだいるそうで、多く脂肪を取りすぎてしまうこともあると言います。「脱脂術の際、脂肪はむやみにたくさんとるのではなく、最低限に留めることが重要」だということです。

そのため、そういった知識を持ち、経験の豊富な信頼のできる医師を見つける必要があります。そうでなければ、目の下が逆に凹んでしまうような事態にもなり得るというデメリットがあります。

脱脂法と併用するならどの方法?

脱脂法のデメリットもご紹介しましたが、正しい知識を持つ医師の元できちんとカウンセリングを受けて手術を受ければ、メリットが大きいことはお伝えしておきたいと思います。費用自体も25万~40万円程度が相場ですし、ダウンタイムも2~3週間程度。見た目でわからない程度に腫れがひくのは3~4日ほどだそうです。

また、脱脂法だけの施術ではなく、他の施術と併用すると症状によっては非常に効果的だと言います。なぜなら、目の下の凸みの部分は脱脂術で効果を上げることができても、凹みの部分を解決することはできないからです。

また、術後に皮膚の引き締めをやった方が、その後の再発をより防げるという医師もいます。

凹み部分を解決するには、脂肪やレディエッセを注入する方法が主流かと思います。脱脂術とこれらの併用は目の下のたるみとクマを併せ持つ人などに人気を集めています。詳しくは「注入法」のページでご紹介していますので、そちらも是非覗いてみてください!

脱脂術とともに皮膚の引き締めをする場合、サーマルアイリフトやサーマクールを併用すると効果的だそうです。とは言え、脱脂術をすれば再発の可能性は非常に少ないようなので、シワなどが気になる場合に併用すると良いかもしれません。