目の下のたるみ手術のパーフェクトガイド

目の下のたるみにお悩みの方に向け、治療にかんする知識や手術法の解説、評判の良い美容外科の情報を掲載しています。

症例数や評判、技術力などで比較をした美容外科クリニックのランキングBEST5も掲載していますので、参考にしていただければ幸いです。

目の下のたるみ手術で有名な美容外科ランキング≫≫

本当に効果のある目の下のたるみ手術法はどれ?

目の下のたるみ手術の方法は多数ありますが、主流となっているのは、以下の4つの方法です。まずはそれぞれどのような施術であるか、メリット・デメリットはなにか、カンタンにご説明いたします。

脱脂法 レーザー治療
目の下に余分な脂肪が増えることが原因のたるみを改善するため、その脂肪を除去してフラットにする方法。ほんの小さな穴を開け、そこから脂肪を除去することも可能です。 凹みが原因のたるみにレーザーを照射することで、細胞を活性化しコラーゲンを増やすことで改善を促します。その他、レーザーによる脱脂法もあります。
【メリット】
一度の施術で効果がはっきりとわかる上、ほぼ半永久的に効果が持続する。
【デメリット】
医師の技量により、見た目の仕上がりがはっきりと分かれる。また、目の下のラインのへこみが原因のたるみには効果がない。
【メリット】
肌に傷をつけることがなく、痛みやダウンタイムなどを心配しなくても良い。また、脱脂法に比べて価格が低め。
【デメリット】
効果の表れ方に個人差が大きい。照射した脂肪が硬くなるため、再手術が難しくなってしまう。
注入法 ハムラ法
コラーゲン・ラディエッセ・脂肪などを注入することで、目の下のハリを取り戻させ、たるみをフラットにする方法です。 下まぶたのキワを切開し、余分な脂肪を凹み部分に移動させる手術方法です。凹凸両方のたるみに効果的といわれています。
【メリット】
4つの方法の中でも、比較的料金が安く、注射を打つだけなので、気軽に受けることができる。
【デメリット】
注入するものにより、効果の表れ方や持続性がかなりかわってくる。また、医師の技量により、仕上がりが大きく変わる。
【メリット】
凹凸のどちらの悩みも一度に解決できるうえ、余計な皮膚まで取り除くことができる。
【デメリット】
完全なる外科手術のため、ダウンタイムが長いほか、傷跡が残るリスクが高い。

目の下のたるみ手術ののための美容外科選び3か条

どの施術にもメリット・デメリットがあるものですが、ひとつ共通していえるのは、美容外科によって効果や仕上がりがりに大きな差が出るということ。

目の下は皮膚が薄くデリケートな場所ですので、他の美容整形手術と比べても、繊細かつ的確な高い技術力が医師には求められます。

では、どのように美容外科を選ぶべきか、そのポイントは大きく3つあります。

施術法

費用ももちろん大切ですが、どんな施術をしてくれるのかは重要です。

例えば脱脂法ひとつ取り上げても、表から切っちゃうのか、裏から小さな穴をあけて表に傷を残さないのかでは随分違います。多少値段が高くても、絶対に傷跡を残さない方を選んだ方が良いですよね。

一番患者さんのことを優先した方法を考えてくれるクリニックであることが重要です。

症例数

簡単にいってしまえば、目の下のたるみ手術をどれだけしてきたか、ということです。

クリニックの症例ではなく、実際に手術を執り行う医師の症例数に注目しましょう。また、カウンセリングの際に、症例写真を見せてもらうのも良い方法です。

また、あなたにはこっちの方が良いなどと、詳しい説明もなくオススメする医師も、新しい技術を勉強していない可能性があります。焦らず、他のクリニックにも相談してみましょう。

医師の経歴

手術を担当する医師がどのような経歴を持っていて、どんな手術を得意とするのか。どのようなことを重要だと考えていて、患者さんに対してどのような想いを持っているのかは、美容外科選びの重要なポイント。

美容技術に対してオリジナルのものを開発していたり、最新の医療を積極的に導入していたりと、技術を高めるため、患者さんの願いに対して精一杯努力をしている姿が見えるクリニックを選びましょう。

また、マスコミへの露出なども判断材料になりますね。

このほかにも、ここに訪れてくださったみなさんが、一歩を踏み出す勇気を持つきっかけになれば…と思い、様々な情報をあつめてみました。

目の下のたるみ治療の名医の見極め方や、手術費用の相場、そもそも「たるみ」はなぜ生まれるかなど、お役立ち情報をたくさん掲載していますので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

目の下のたるみ手術で評判の美容外科BEST5≫≫